ビットコイン相場分析 : 今週は売られる傾向が強く陰線を並べる、週末も底値探る動きに注意か | ビットバンク マーケット情報

7月15日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは2.9%下落し4日連続の陰線を記録しました。価格は一時343万円まで下落し今週の安値を更新しました。終値は350.2万円でした。オシレーターは全てマイナス域で推移し弱気相場を示唆しています。CCIは-152で推移しています。Fisherでは売りシグナルが出ています。長期オシレーターのMACDはデスクロスし売りシグナルが点灯しました。ADX(26)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。昨日のビットコインは続落し今週の連続陰線記録を伸ばしました。今週の安値を更新するなど弱い値動きが継続しています。オシレーターも続落しており、MACDでも売りシグナルが再点灯しました。テクニカルでは弱気相場を示唆するインジケーターが多く、売りポジションが推奨されています。ビッコインは現在、底値を探る動きになっており本日も下落して取引が始まっています。このまま売り傾向が続けば、間近最安値の320万円を試す展開も予想されます。週末も下

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました