イーサリアム2.0がもたらす影響とは|Orchid(オーキッド)寄稿記事

イーサリアム2.0移行による影響ブロックチェーン分野における2020年の最大の話題の一つは、待望のイーサリアム2.0の登場でした。プロジェクトの全体的な実行可能性についての一部での疑念の高まりから、数年の遅れは出たものの、昨年の第4四半期にようやくPoS(プルーフ・オブ・ステーク)チェーンが実装されて以来、ステークされる資産の量は着実に増え続けています。これはイーサリアム(ETH)、そしてオーキッドにとって、どのような意味を持つのでしょうか?イーサリアム2.0の登場は、イーサリアムのエコシステムやコミュニティ全体にとって重要な意味を持つことは言うまでもありません。過去1年間の爆発的な成長により、ネットワーク上に構築されたレイヤー2ソリューションには痛点が生じています。オーキッドは、マルチチェーン機能を追加することにより問題に対処し、サービス利用に必要な初期費用を1ドル程度に抑えました。イーサリアム2.0への移行により、機能やユーザー体験の一部が変わる見込みがあります。最も重要なのは、ETH自体の意味合いです。本記事では、イーサリアム2.0がオーキッドとそのユーザー、そしてネットワーク上

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました