ビットコイン、価格動かず関心低下 閑散市場を専門家はどう読む?

7月の仮想通貨動向7月第2週の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)は35,000ドルを超え切れずレンジ相場が続く。機関投資家向け取引サービスQCPCapitalは先週発表された6月期の消費者物価指数(CPI)が5.4%と高い数値を記録したことで売却が起きたと分析。現物市場・先物市場もともに取引量・OIが減少していることから、ボラティリティーも落ち着いているとした。
出典:CoinMarketCap
時価総額2位のイーサリアム(ETH)は、大型アップグレード「ロンドン」の実施日時が8月4日前後(...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました