リップル社、訴訟の棄却申し立てを裏付けるためSEC執行委員の発言を引用

リップル社が新たな補足文書提出暗号資産(仮想通貨)XRPの有価証券問題をめぐる裁判で、7月19日、リップル社の弁護人が、被告による訴訟の棄却申し立てを裏付ける新たな補足文書を提出した。この文書は、米証券取引員会(SEC)のHesterPeirce委員およびEladRoisman委員による公式声明(7月14日付)で、すでにSECと和解に至ったBlotics社(旧称:Coinschedule)の訴訟に関するものだ。両委員は、この訴訟におけるSECの主張は支持するが、証券とみなされるデジタルトークンの判断基準をS...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました