即実践できる、相場に左右されない積立投資|ドルコスト平均法とは

本記事を読まれている方の多くは、「いざ投資を始めようと思っても、どのタイミングで購入すれば良いか分からない」という疑問を抱えているのではないでしょうか。どの金融資産でも、正確な環境認識を行うにはある程度の投資経験が必要不可欠です。しかし、投資未経験の方でもすぐに実践でき、リスク回避をしつつリターンを見込める投資方法があります。その方法が、本記事で解説する「ドルコスト平均法」です。ただ、ドルコスト平均法もリスクゼロで活用できる手法ではないため、本記事で仕組みや注意点を十分に理解した上で、資産運用の初めの一歩を踏み出しましょう。1. ドルコスト平均法とはドルコスト平均法とは、一定期間ごとに一定の金額で同じ金融資産を買い続ける手法を指します。例えば、手元に10万円ある場合、一度に10万円全てを投資するのではなく、10か月間、毎月1万円ずつ投資する手法がドルコスト平均法です。出典:三菱UFJモルガンスタンレー証券ドルコスト平均法を用いることで、金融商品を購入するタイミングを分散し、その価格を平均化します。つまり、標準価格より値上がりしている相場では購入数が少なくなり、反対に、値下がりしている相

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました