BTCは5万ドルに上昇なるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ

 BTC / USDTビットコインは過去数日間、200日間単純移動平均線(45,692ドル)近くで強気派と弱気派の間の激しい争いとなった。弱気派は8月17日に200日SMA以下に引き下げたが、20日間指数移動平均線(44,183ドル)のサポート以下にまで引き下げることはできなかった。BTC / USDT日足チャート。出典:TradingView20日間EMAでの積極的な買いによって、8月19日に200日間SMAを上回るまで価格を押し戻された。20日間EMAの上昇と、買われすぎの領域の近くの相対力指数(RSI)は、強気筋がコントロールしていることを示している。買い手が48,144ドル以上に価格を維持できた場合、BTCは勢いを増し、51,500ドルにまで上昇する可能性がある。ここで弱気派は再び激しく抵抗することになるだろう。強気筋が200日SMA以下に下落することを阻止できれば、上昇トレンドの継続の見通しを高めるだろう。51,500ドルを突破できれば、60,000ドルへの上昇を切り開くことになるだろう。この強気な見方は、価格が下落し、45,451.67ドルを下回った場合には無効に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました