リップル相場分析 : 価格調整を終え今週は高値を試すか?140円付近にレジスタンス | ビットバンク マーケット情報

8月22日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは0.9%上昇した陽線を記録しました。130円まで下落する場面がありましたが買い戻されました。終値は134円でした。オシレーターはプラス域で下落傾向です。CCIは77で推移しています。Fisherは遅行線を下回り推移しています。MACDは遅行線を上回り買いシグナルが継続しています。ADX(45)は高値で推移し上昇トレンドの発生を示唆しています。週末のリップルは小幅に下落したものの移動平均線の上位を維持しています。週足は約4%下落した陰線が記録されました。下ひげを付けた週足となり短期の売りをこなした形になりました。オシレーターは短期で下落しており先週は価格調整の一週間でした。今週はオシレーターの反転に期待したいところです。チャートはまだまだ強気を示唆しておりテクニカル的には買いポジションが推奨されています。リップルは140円付近にレジスタンスがあり上値を抑えられています。安値を切り上げ高値を試す展開になれば上抜ける可能性が上がります

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました