リップル裁判 一部手続きの期限を延長

リップル裁判、複数の展開リップル社の裁判で、リップル社側とSECは一部のディスカバリー(情報開示)に関する終了期限を11月12日までに延期することに合意した。本来のSECのファクトディスカバリー(証拠開示の手続き)期限は8月31日で、「エキスパートディスカバリー(専門家の証言)」の終了期限が10月15日と設定されたが、裁判に関わっているBradGarlinghouseCEOおよび共同創設者のChrisLarsen氏が自身に対する訴状の取下げを申立てていることに関係し、「エキスパートディスカバリー」の終了期...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました