一転して安値を広げたBTC 今夜はいよいよジャクソンホール | ビットバンク マーケット情報

26日のビットコイン(BTC)対円相場は224,622円(4.18%)安の5,155,376円と反落。25日には13.24%の採掘難易度上昇が好感され反発したBTCだったが、この日の東京時間は一転して安値を広げる展開。朝方から多額のBTC、イーサ(ETH)の送金が複数検知されたことや、ジャクソンホール前の警戒感もあってか相場は540万円を割り込み、アルトコインの下げも重石となり516万円周辺まで下げ足を速めた。その後は米経済指標発表直前に警戒感から下値をトライするも、失業保険の新規と継続申請件数の双方が予想を上回り反発し520万円を回復。しかし、予想を下回った米GDP改定値やカブール空港でのISISの自爆テロで株が軟調推移となると、BTCは516万円周辺の踊り場に押し返された。今朝方には再び踊り場から上放れを試すも、終値にかけて売り込まれ失敗している。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました