イーサリアム系デジタルウォレットのメタマスク、開発者会議で独自通貨が議題に

メタマスク、独自トークン発行も視野最も普及するイーサリアム系デジタルウォレットの「MetaMask(メタマスク)」は26日、初となるコミュニティコール(定期開催のオンライン会議)を実施し、独自の暗号資産(仮想通貨)をリリースする可能性やマルチチェーン展開など開発状況について協議した。その中で、プロダクトチームから参加したエンジニアのErikMarks氏は、プロジェクト(メタマスク)をコミュニティ主導のものとするために仮想通貨の発行を行うというアイデアについて言及した。一方でMarks氏は、独自トークンを発...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました