テーパリングは逆風となるか──ゴールドマン・サックスは11月開始を予想

米投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストは、米連邦準備制度理事会(FRB)が11月から量的緩和政策の段階的な縮小、いわゆる「テーパリング」を開始する可能性が高まったと見ている。こうしたウォール街の意見を暗号資産アナリストは注視しており、一部のアナリストは、テーパリングがビットコイン(BTC)などの暗号資産に与える影響を懸念している。FRBは新型コロナウイルス感染拡大後の経済回復に向け、伝統的な金融市場を刺激するために毎月1200億ドルの債券を購入している。ロイターによると、ゴールドマン・サックス社はテーパリングが11月に正式発表となる確率を従来の25%から45%に引き上げ、12月に実施される確率を従来の55%から35%に引き下げた。ゴールドマン・サックスは、FRBが11月から毎月150億ドルずつ、量的緩和政策を縮小していくと予測している。FRBは毎月、米国債の購入額を100億ドル、住宅ローン担保証券の購入額を50億ドル削減するだろうとリサーチレポートに記した。数日後には、カンザスシティ連邦準備銀行が開催する「ジャクソンホール会議」が開催され、FRBのパウエル議長はハト派的なトーン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました