ビットコイン相場分析 : 高値圏で価格調整続く、週足は小幅に下落し6週ぶりの陰線に | ビットバンク マーケット情報

8月29日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは0.5%の下落となり2日連続の陰線を記録しました。価格は移動平均線の上位を維持しており底堅く推移しています。終値は533.0万円でした。オシレーターはプラス域で下落傾向です。CCIは69で推移しています。FisherとMACDは遅行線を下回り下落中です。ADX(29)は下落しており上昇トレンドの勢いが落ちていることを示唆しています。週末のビットコインは2日連続の陰線を記録しましたが、下落幅は限定的でした。昨日は525万円を割り込む場面がありましたが、買い戻される動きもあり下ひげを付けた日足になりました。先週の週足は1.3%の下落でした。先週は高値圏で揉み合う値動きとなったためオシレーターは下落し、短期のモメンタムは低下傾向にあり、強い買いシグナルは出ていません。長期オシレーターのMACDは大きくプラス域で推移し、緩やかな上昇トレンドが継続していることを示唆しています。ビットコインは安値を切り上げる強気のチャートを形成して

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました