リップル相場分析 : 2週連続の陰線を記録し売りが継続、徐々に高値を切り下げるチャートを形成 | ビットバンク マーケット情報

8月29日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは0.7%下落し2日連続の陰線を記録しました。移動平均線を僅かに下回り弱い値動きが見られました。終値は124円でした。オシレーターはマイナス域で推移するインジケーターが出てきています。CCIは-4で推移しています。Fisherでは売りシグナルが出ています。MACDはプラス域で下落中です。ADX(35)は下落しており上昇トレンドの勢いが落ちていることを示唆しています。週末のリップルは売られる傾向が強い相場でした。先週の週足は7%下落し2週連続の陰線を記録しました。オシレーターは短期で下落し売りを支持するインジケーターもあり、買いポジションに対する警戒感を示しています。徐々に高値を切り下げる弱気のチャートパターンも見られます。リップルは本日も売られて始まっており、先週からの売り傾向を引き継いでいるようです。チャートは完全に崩れたとは言い難い状況ですが、徐々に弱気に傾きつつあり続落に注意が必要です。
カテゴリ: 市況・

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました