ビットコイン相場分析 :朝方に強くうられ先週の安値付近へ、レンジ下限でサポートはあるか? | ビットバンク マーケット情報

8月30日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがプラス域で推移しておりこれを否定しています。昨日のビットコインは3.3%下落し3日連続の陰線を記録しました。価格は移動平均線を割り込みました。終値は515.2万円でした。オシレーターは引き続き下落傾向です。CCIは6で推移しています。FisherとMACDはプラス域で下落中です。ADX(27)は下落しており上昇トレンドの勢いが落ちていることを示唆しています。ビットコインは昨日の下落により、先週の安値付近まで下落しました。移動平均線を下回り弱い値動きが見られましたが、レンジ内での値動きとなっています。昨日は一時530万円を回復する場面もありましたが、朝方に強く売られました。オシレーターは下落しモメンタムの低下が明確化しているため、強い買いシグナルは出ていません。価格は先週の安値付近まで下落したため、この価格帯ではある程度のサポートが期待されますが、全体的な相場の方向は薄れており次の動きがあるまで様子見も必要な状況です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
Source: ビット

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました