決済アプリ大手PayPal、米国居住者向けに株式取引プラットフォームを検討か

株取引プラットフォーム提供へ昨秋、暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供を開始した米決済大手PayPal社が、株式取引プラットフォームの提供を検討していることが判明した。匿名筋の話として米メディアCNBCが報じた。計画に携わる2名の関係者によれば、PayPal社の「InvestatPayPal」部門は、個人株取引を提供する計画を進めていると発言。まずは、米国ユーザーを対象にサービス提供を目指しているという。また、サービス拡張を視野に入れたPayPal社は、ブローカー業界で経歴を持つRichHagen氏を同部...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました