NFT市場をアバターが席巻する理由

CoinMarketCapによるNFTの時価総額トップ10のうち、7つは「アバターNFT」と呼べるものだ。つまり、マンガのキャラクターや画素化された人物の顔画像ということだ。アバターNFTの人気チャートの上位を占めるNFTには、クリプトパンクス(CryptoPunks)、Bore Ape Yacht Club、Pudgy Penguinsなどが含まれるが、これらはすべて、ツイッター界隈で熱心に褒め立てられている。これらのマンガの顔は今のことろ、Meebitsなどの「メタバース」ゲームアセットや、SuperRateが販売するアートNFT、さらにはNFTの世界で最大のメインストリームブランド「NBA Top Shot」を含む他のタイプのNFTを押しのけている。それはなぜだろうか?この記事では、NFTの不思議な魅力を深く探ってみよう。表面的にNFTは、一連のコードと(多くの場合は)JPEGへのリンクであり、異常なまでの収集熱の対象となるとは考えにくい。しかし、主要マーケットプレースのオープンシー(OpenSea)での取引高が高騰を続けるなど、明らかに熱狂的な人気を誇っているのだ。アバターが優

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました