リップル相場分析 : 120円付近から強い買い戻され相場の流れに変化 | ビットバンク マーケット情報

8月31日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは7.6%上昇し4日ぶりの陽線を記録しました。移動平均線を上回り強く買われました。終値は130円でした。下落していたオシレーターは反転しています。CCIは7を記録しプラス域を回復しました。Fisherではゴールデンクロスが発生しています。MACDはプラス域で下落中です。ADX(32)は下落しており上昇トレンドの勢いが落ちていることを示唆しています。昨日のリップルは120円付近でサポートされ強く買われました。下落していた週足も陽線に変わりました。強い値動きにより相場の流れに変化が見られます。オシレーターも反転をみせておりモメンタムが回復しています。これから底堅く推移するならオシレーターはさらに上昇し、買いシグナルが再び点灯するでしょう。現在のリップルは、移動平均線を上回りテクニカルも改善し今後の上昇に期待したいところです。終値ベースで130円を回復するなら高値の更新を目指す動きになることが予想されます。
カテゴリ: 市況

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました