米SECゲンスラー委員長、仮想通貨について欧州議会と意見交換を実施

仮想通貨で意見交換米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は1日、金融サービスについて欧州議会と意見交換を行なった。議題として暗号資産(仮想通貨)も取り上げ、規制整備の必要性について、最近繰り返し述べている自身の見解を欧州議会にも伝えている。その中で、特に重要視したい内容として「仮想通貨の取引・貸付」と「ステーブルコイン」を挙げた。オンラインで意見交換を行なったゲンスラー氏は仮想通貨について、「2.1兆ドル(約230兆円)規模のこの資産は、世界中で24時間休みなしで取引されている。この技術は...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました