ETHは4000ドル向かう勢い 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

BTC/USDTビットコインは、20日指数移動平均線(EMA:47,008ドル)を割り込んだものの、200日単純移動平均線(SMA:46,064ドル)に跳ね返された。両移動平均線は横ばい推移しており、相対力指数(RSI)は中間点のすぐ上にあることは、需要と供給のバランスが取れていることを示唆している。BTC/USDT daily chart. Source: TradingView弱気派が価格を200日SMA以下に沈めた場合、BTC/USDTペアは43,927.70ドルの次のサポートまで下落する可能性が出てくる。このサポートも割れた場合、42,451.67ドルが次のブレイクアウトレベルだ。このような動きは、強気のモメンタムが弱まったことを示唆する。この後、数日間の調整が行われるだろう。一方で、ダウントレンドラインを上抜けると、50,000~50,500ドルのレジスタンスゾーンに挑戦する可能性もある。このゾーンから再び下降に転じた場合、数日間はレンジ相場が続く。上昇トレンドの再開を告げるためには、50,500ドルを超えて価格を維持する必要がある。上昇局面での次のターゲット目標は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました