BTCは5万ドル維持失敗 雇用統計前に上値重たく | ビットバンク マーケット情報

2日のビットコイン(BTC)対円相場は46,340円(0.86%)高の5,414,005円。直近3日間で相場は510万円〜550万円レンジの下限から上限まで一時上昇しており、対ドルでは昨日、心理的節目の50,000ドルを超える場面もあった。
循環物色の流れが続く中イーサ(ETH)主導で530万円台に乗せたBTCは、昨日もADAの3ドル乗せに連れ高となり東京時間に540万円に乗せた。その後も、米株価指数先物やアルトコインの上昇が相場の支えとなり550万円にタッチし対ドルでは50,000ドルに乗せたが、欧州時間に入り3月25日安値の50,300ドル(≒553万円)周辺で上値を抑えられると高値での揉み合いに転じた。米時間序盤には再び50,300ドルを試すも失敗し反落。相場は540万円台を維持するも、本日の雇用統計を前に戻りは鈍くなっている。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました