エルサルバドル、ビットコイン法の施行に向けて市民へ意識調査

エルサルバドルの大学が意識調査を実施エルサルバドルの、ホセ・シメオン・カーニャス中米大学(UCA)は8月中旬、ビットコイン(BTC)の法定通貨化に関する意識調査を実施。ビットコインに対して批判的な市民が多いことを示した。この調査は「ビットコインと国の社会経済状況に関する国民の意見」をテーマとしており、8月13日から20日にかけて、1,281人を対象として実施されたものである。回答したエルサルバドル人の約70%が、ビットコイン法を廃止すべきだと考えていたという。エルサルバドルのビットコイン法とは米ドルと並行...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました