経営不振の仮想通貨ウォレット企業デジポケが破産、負債額は約100億円

デジポケが破産暗号資産(仮想通貨)ウォレット事業を運営する株式会社デジポケは、6月22日に東京地方裁判所へ自己破産を申請し、8月27日に破産手続き開始決定を受けたことがわかった。負債は債権者約2,000名に対し約101億円に上るが、今後変動する可能性もあるという。同社は、2016年5月に仮想通貨交換業を営むことを目的に設立。会員向けに仮想通貨のウォレット事業(預かりサービス)を提供していたが、2017年4月の改正資金決済法の施行を受け、同年9月30日に仮想通貨交換業を廃止していた。2019年5月には、改正...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました