英大学、へデラの分散型台帳技術に関する新たな研究結果を発表

英名門大UCLによる研究報告英国の名門大学UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)は9月8日、プルーフオブワーク(PoW)、プルーフオブステーク(PoS)、分散型台帳技術(DLT)などの、複数のコンセンサスプロトコルを比較した研究論文を発表した。
HederaGoverningCouncilMember,@ucl,haspublishedapaper,EnergyFootprintof#BlockchainConsensusMechanismsBeyondProof-of-Work,tocompare...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました