リップル相場分析 : ここ2日間で約20%の下落、価格は先月のサポートラインまで下落 | ビットバンク マーケット情報

9月8日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは3.1%下落し2日連続の陰線を記録しました。価格は14EMAを下回り弱い値動きが見られます。終値は132円でした。オシレーターは下落傾向にあります。CCIは-126で推移しています。FisherとMACDはプラス域で推移も下落中です。ADX(28)は下落中で相場の方向感が弱いことを示唆しています。今週のリップルは間近高値を更新し150円を突破しましたが、その後強く売られました。ここ2日間の下落率は約20%になり、移動平均線も下回り弱いプライスアクションとなりました。オシレーターは下落傾向にありモメンタムの低下を示しています。CCIが唯一オシレーターでマイナス域で推移しています。強い売りシグナルは出ておらず、ADXも弱気トレンド入りを示唆していません。現在のリップルは先月サポートされた120円付近で推移しています。短期チャートは弱気に傾いていますが、今週はすでに大きく売られたため、ここから売りエントリーはややリスクが高そうです。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました