米通貨監督庁長官代理、「過去の教訓」から仮想通貨市場への懸念示す

OCC長官代理の見解米OCC(通貨監督庁)のMichaelHsu長官代理は9日、IntraFi社のポッドキャスト「BankingWithInterest」に出演。2008年に発生した金融危機(リーマン・ショック)の教訓が、暗号資産(仮想通貨)規制に与えた影響について語った。過去の教訓を仮想通貨規制にHsu長官代理は、通常の銀行融資を受けられない相手に高金利で貸し出す「シャドーバンキング」などを背景に、市場のフロスが顕著だったと解説。CDS(クレジット・デリバティブ)など多くの過剰宣伝(ハイプ)が蔓延してお...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました