ビットコイン相場分析 : 長期移動平均線でサポートされるも、反発は弱いか | ビットバンク マーケット情報

9月12日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは1.9%上昇した陽線を記録しました。週末は2日連続の陽線を記録し底堅さが見れらました。終値は504.0万円でした。オシレーターは下落傾向が続いています。CCIは-116で推移しています。Fisherは遅行線を下回り売りシグナルが出ています。MACDはプラス域で下落中です。ADX(23)は下落しており相場の方向感が弱いことを示しています。週末のビットコインは小幅に上昇しましたが14EMAの上位を回復することはできませんでした。まだ弱い値動きが続いています。オシレーターはモメンタムの低下を示唆しています。このまま下落すると長期オシレーターのMACDも今週中にマイナス域入りするものと考えられます。弱気を示唆するインジケーターが多く、今週も価格の下落に注意が必要そうです。現在のところ53EMA付近で価格がサポートされていますが、反発が弱くまだ気が抜けない相場状況です。490万円を再度割り込むともう一段安の可能性

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました