ビットコイン相場分析 : ビットコインは500万円台復帰、モメンタムが回復 | ビットバンク マーケット情報

9月14日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは4.4%上昇した陽線を記録しました。移動平均線に僅かに届かなかったものの強く買い戻されました。終値は516.6万円でした。下落していたオシレーターは反転を始めました。CCIは-67で推移しています。Fisherは本日ゴールデンクロスが発生しています。MACDは遅行線を下回って推移しています。ADX(23)は下落傾向が続き相場の方向感が弱いことを示唆しています。昨日のビットコインは間近1週間の終値ベース高値を更新しており強い値動きが見られました。一昨日に大きく下落した際に売りが一巡したと考えられます。500万円の節目も超え良い形で日足を終えました。昨日の上昇の影響からオシレーターは反転し、揃って上昇しています。CCIは間近では最も高い数値を記録。Fisherは本日からゴールデンクロス、MACDも昨日は小幅に上昇しており、モメンタムの改善が見られます。ここ1週間ほど弱い値動きが続いていたビットコインですが、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました