ビットコイン反転上昇 CPI下振れで懸念は払拭されきったか? | ビットバンク マーケット情報

14日のビットコイン(BTC)対円相場は219,883円(4.45%)高の5,166,073円と反発し、前日に終値で割り込んだ200日移動平均線を再び回復した。乱高下を演じ直近安値を大きく割り込んだ13日のBTC対円だったが、一目均衡表の雲上限で綺麗に下げ止まり売り一巡の様相で切り返すと(第2図)、14日の東京時間にはハッシュレートの上昇が好感され500万円を回復した。さらに、米時間朝方に発表された消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ると、先週の卸売物価指数(PPI)の上昇を受けて再燃した早期テーパリング開始観測が後退し、BTCは510万円をも回復。その後、米株の下落を受けてやや上値が抑えられるも、引け後にもう一段と高くなり515万円を上回り終値をつけた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました