リップル相場分析 : 短期では買いが優勢、122円のレンジスタンスを抜けることができるか | ビットバンク マーケット情報

9月15日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは1.9%上昇し2日連続の陽線を記録しました。ここ2日間は底堅い値動きをみせています。終値は122円でした。オシレーターは短期でマイナス域で推移しています。CCIは-58で推移しています。下落していたFisherは本日ゴールデンクロスしています。MACDはプラス域で遅行線を下回り推移。ADX(20)は下落しており相場の方向感が弱いことを示唆しています。今週のリップルは小幅なレンジで推移し目立った動きはない相場になっています。116円から122円のレンジで推移しています。間近ではレンジ高値まで上昇し買いが優勢です。オシレーターは短期で弱気示唆ですが、本日からFisherがゴールデンクロスするなど反転の兆しが見られます。モメンタムは改善傾向にあります。リップルは53EMAでサポートされ長期では緩やかな上昇トレンドが継続しているチャートを形成しています。短期ではボラティリティが減少しやや面白みに欠ける価格調整相場が続い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました