ビットコイン相場分析 : 小幅に下落し3日ぶりの陰線、週末に530万円を超えられるか? | ビットバンク マーケット情報

9月16日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは0.4%下落した陰線を記録しました。下ひげを付けた日足となり底堅さも見られました。終値は524.0万円でした。オシレーターは上昇傾向にあります。CCIは-7で推移しています。Fisherはマイナス域で上昇中です。MACDは引き続き遅行線の下位で推移。ADX(22)は下落しており相場の方向感が弱いことを示唆しています。昨日のビットコインは3日ぶりの陰線を記録し小幅に下落。価格は一時移動平均線付近の517万円付近まで下落しましたが、買い戻す動きもありました。移動平均線上位を維持し値動きは悪くありません。オシレーターはマイナス域で推移しているものもありますが、短期のモメンタムは徐々に上がっていることを示唆しています。テクニカルはまだ中立といったところでしょう。もう一段価格が上がれば、短期オシレーターのプラス域回復が見込まれます。ビットコインのチャートは総合的に緩やかな上昇トレンドを形成しています。相場がさらに上向くには、短

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました