XRP保有者が米アップル社を相手取り集団訴訟、App Storeのウォレットでフィッシング被害

AppStoreのアプリで被害暗号資産(仮想通貨)XRPの保有者は、AppStoreの「悪意のあるアプリ」によって損害を被ったとして、米IT大手Appleに対し集団訴訟を起こしたことが判明した。9月16日、米メリーランド州の連邦地方裁判所に提出された訴状によると、原告のHadonaDiep氏は、AppStoreが認可した仮想通貨ウォレットアプリが、フィッシング詐欺の道具として使われていたと主張。ハッキング被害を招いたアプリを認可したApple社の責任を問うている。同氏はさらに、Apple社が同アプリによる...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました