ビットコインのサイドチェーン上でSTO、独規制当局が承認

Liquid Network上でのSTOを認可欧州のデジタル資産マーケットプレイスSTOKRは17日、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が、ビデオゲーム企業Exordium社のEXOeuトークンについて、セキュリティートークンオファリング(STO)を承認したことを発表した。BaFinは、イーサリアム(ETH)ネットワーク上でのSTOは以前にも承認していたが、ビットコイン(BTC)のサイドチェーン上でのSTOを認可するのは初の事例となる。STOとはSTO(Security Token Offering)の略称、株や社債など有価証券機能を付与したトークンをブロックチェーン上で発行すること。そもそも有価証券とは「法律上における一定の財産権利や義務に関する記載がされた証書」を指しており、その種類は株式や債券以外にも為替手形や小切手、不動産など様々である。STOはこうした株式や債券などの上場取引、さらにはクラウドファンディングに次ぐ新たな資金調達手法として、投資機会を探る投資家の双方から期待されている。▶️仮想通貨用語集EXOeuトークンは、ビットコインのサイドチェーンであるLiquid Net

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました