ビットコイン相場分析 : 2ヶ月ぶりに大きく移動平均線を下回る、日次下落率は約9% | ビットバンク マーケット情報

9月20日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは9.4%下落し2日連続の陰線を記録しました。価格は長期移動平均線も下回り強く売られました。終値は471.3万円でした。オシレーターも下落しています。CCIは-139で推移しています。Fisherではデスクロスが発生しました。MACDはマイナス域に突入しました。ADX(21)は上昇し弱気トレンドの発生を示唆しています。昨日のビットコインは弱い値動きとなり久々に日次で10%近く下落しました。約2ヶ月ぶりに長期移動平均線を大きく下回りました。オシレーターはMACDがマイナス域に突入するなどテクニカルは弱気に傾きました。モメンタムは下落方向で推移しており、テクニカル的には売りポジションが推奨されています。ビットコインは本日も売りられて取引されており、一時441万円まで下落する場面がありました。今週はすでに10%を超えて下落しているため多少の反発が予想され、戻り売りを狙いたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました