中国恒大集団のデフォルト懸念で仮想通貨も全面安、ロスカットは1800億円相当に

ビットコイン相場と金融マーケットデフォルト(債務不履行)の危機に陥った中国の不動産開発大手「中国恒大集団(EvergrandeRealEstateGroup)」の株価が暴落、香港ハンセン指数も急落した。各国の株式市場でもリスク回避姿勢が強まった。米国では、ダウ平均株価が前週末比614ドル41セント(1.8%)安となったほか、日経平均株価も前週末比-600円以上下落。22日に開催予定の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、テーパリング(量的緩和縮小)の年内開始観測が広がりつつある。中国恒大集団は、中国の不動...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました