リップル相場分析 : 価格は100円を割り込む場面もあり強く売られる | ビットバンク マーケット情報

9月20日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは12.5%下落し2日連続の陰線を記録しました。強く売られ弱い値動きになりました。終値は100円でした。オシレーターは下落傾向にあります。CCIは-153で推移しています。FisherとMACDはマイナス域で下落しており、売りシグナルが点灯しています。ADX(17)は低水準で推移しており方向感を示せていませんが、昨日は小幅に上昇しています。昨日のリップル相場は大きく崩れ安値を更新する展開になりました。これまでサポートされていた53EMAを割り込み弱いプライスアクションとなりました。下落の影響からオシレーターも弱気示唆に転じています。超短期でマイナス域に沈みテクニカル的に売りポジションが推奨されています。リップルのチャートは弱気に傾き下落トレンドが発生しています。本日も100円を割り込む場面があり売り傾向が続いています。モメンタムは下落方向で推移しており、今後も安値を探る動きに注意が必要です。
カテゴリ: 市況・相

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました