イーサリアム相場分析 :今週はすでに15%ほど下落し、3週連続の陰線濃厚 | ビットバンク マーケット情報

9月21日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターのがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のイーサリアムは7.5%下落し3日連続の陰線を記録しました。強い売りが継続し弱いプライスアクションとなりました。終値は30.1万円でした。オシレーターは継続的に下落。CCIは-207で推移しています。FisherとMACDはマイナス域で下落し売りシグナルが点灯中。ADX(24)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。今週のイーサリアムは約15%ほど下落し強く売られています。このまま行くと3週連続の陰線を記録することになりそうです。弱い値動きが継続しています。オシレーターは全て下落しモメンタムの低下を示しています。長短期のオシレーターが下落しており、テクニカル的には売りポジションが推奨されています。チャートは全体的に弱気な形をしており買い需要が弱い様子を表しています。本日は反発し取引されていますが、今後の戻り売りの発生が予想されます。強く反発した際は売りのエントリーポイントを探したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました