中国恒大やFRBの決定受け、価格上昇 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

  BTC/USDTビットコインは9月21日にネックラインを下回って急落し、弱気のヘッドアンドショルダーパターンが完成した。しかし、9月22日に強気派が価格をネックラインの上に押し戻したことはポジティブに捉えられる。これは下値での強い買いを示唆している。BTC/USDT daily chart. Source: TradingView強気派がネックラインの上で価格を維持すれば、アグレッシブな弱気派を罠にかけ、ショートスクイーズになる可能性がある。BTC/USDTペアはその後、20日指数移動平均(EMA:46,038ドル)まで上昇する可能性があるが、そこでは弱気派が厳しい抵抗をするかもしれない。移動平均線は弱気のクロスオーバーを形成しており、相対力指数(RSI)はマイナスゾーンにあるため、弱気派が主導権を握っていることを示している。ネックラインの上を維持できなければ、弱気派はダウントレンドの再開を試みるだろう。下値の最初のサポートは37,332.70ドル、そしてパターンターゲットは32,423.05ドルだ。移動平均線を上にブレイクしてクローズすると、調整が終わった可能性を示す最初の兆候と

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました