バイデン政権、仮想通貨懐疑派を通貨監督庁(OCC)長官に指名の意向か=報道

Omarova教授を指名の意向か米政府の通貨監督庁(OCC)長官指名プロセスに詳しい3人の関係者は、バイデン政権が、コーネル大学のSauleOmarova教授を、次期OCC長官に指名する意向だと話した。23日にブルームバーグが報道した。Omarova氏は、過去に暗号資産(仮想通貨)について批判的なコメントをしている人物だ。Omarova氏はカザフスタン出身で、DavisPolk&Wardwell法律事務所で銀行業務を担当した後、ジョージ・W・ブッシュ大統領の政権で、財務省の特別顧問を務めていた。コーネル大...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました