初心者でもわかる「SushiSwap」とは|特徴と仕組みを解説

ミームとして誕生したDEX先進的な技術が次々と開発されているDeFi(分散型金融)分野において、特に話題に事欠かず、様々な面で常に業界の注目を集めてきたプロジェクトが、SushiSwap(スシスワップ)です。SushiSwapは元々、分散型取引所(DEX; Decentralized Exchange)Uniswap(ユニスワップ)のフォーク(コピー)として誕生しましたが、賛否両論を巻き起こした「ヴァンパイア攻撃」により、ローンチからわずか2週間弱で14億ドル(約1,500億円)を集め、瞬く間に頭角を現しました。そのユニークな名前や親しみやすいデザインから、初めはミーム的プロジェクトとして大衆に認識されていましたが、大手デリバティブ取引所FTXのSam Bankman-Fried CEOの開発介入などもあり、誕生から一年経たないうちに、DeFi分野の主要プロジェクトへと発展しました。本記事では、誕生の経緯から開発プロダクト、SUSHIトークンに至るまで、SushiSwapのあらゆる側面を解説します。目次基本概要開発の経緯開発プロダクトガバナンス1.基本概要1-1 SushiSwapとは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました