ビットコイン相場分析 : 週末はまずまずの値動き、今週は移動平均線の上位回復が重要ポイント | ビットバンク マーケット情報

9月26日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは1.2%上昇した陽線を記録しました。一時452万円まで下落する場面がありましたが終値にかけて買い戻されました。終値は478.2万円でした。オシレーターは下落傾向が続いています。CCIは-96で推移。FisherとMACDは遅行線を下回り売りシグナルが継続しています。ADX(28)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。週末のビットコインの値動きには底堅さがみられました。売られる場面もありましたが、安値を更新することはありませんでした。現在は450万円付近がサポートラインとして機能しています。オシレーターは下落傾向にあるものの、下落速度はやや落ちています、Fisherでは本日からゴールデンクロスしており、下落のモメンタムに変化がみられます。今週のビットコインの注目ポイントは先週の高値を更新できるか否かでしょう。テクニカルはまだ弱気であるため過度な上昇期待は禁物ですが、間近で値動きは持ち直してきています。495万

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました