リップル相場分析 : 週末は小幅な値動きになるも、モメンタムは回復傾向 | ビットバンク マーケット情報

9月26日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは0.6%上昇した陽線を記録しました。週末を通じてほぼ横ばい推移となり、値動きが少ない相場でした。オシレーターはマイナス域で推移しています。CCIは-103で推移。Fisherは遅行線を上回り上昇中です。MACDでは売りシグナルが継続。ADX(20)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。先週のリップルは95円まで下落した後、反発しており間近では底堅く推移しています。買い需要が徐々に戻ってきているようです。オシレーターは短期で上昇しておりモメンタムは回復傾向にあります。長期オシレーターのMACDも横ばい推移に変化しています。リップルの相場はまだ様子見が必要ですが、トレンド反転の兆しがあります。短期オシレーターはマイナス域で上昇しており、今後のプラス域突入を待ちたいところです。先週の高値110円を超えることだできれば、テクニカルが上向きもう一段の上昇が期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
S

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました