SBIがNFT市場進出、nanakusa運営のスマートアプリを子会社化

スマートアプリを子会社化SBIホールディングス株式会社は30日、NFT(非代替性トークン)事業を運営する株式会社スマートアプリの株式を取得し、連結子会社化したことを発表した。日本経済新聞が報じた。これに伴い、社名はSBINFT株式会社に変更される。SBIグループの持ち株比率は80%となる。関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説スマートアプリのNFT関連事業スマートアプリは今年3月、NFTマーケットプレイス「nanakusa」β版を提供開始した。「nanakusa」とは、公認されたコンテン...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました