ビットコイン相場分析 : 安値を死守したビットコイン、売りは一巡したか | ビットバンク マーケット情報

9月29日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは1.6%上昇し3日ぶりの陽線を記録しました。終値にかけて売られる場面がありましたが底堅く推移しました。終値は465.5万円でした。オシレーターは低位で推移しています。CCiは-86で推移しています。Fisherは遅行線を上回りました。MACDでは売りシグナルが継続しています。ADX(29)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。昨日のビットコインは安値を更新することなく小幅に反発しました。これまでの売りの流れに変化が見られました。オシレーターはマイナス域で推移しているものの、Fisherがゴールデンクロスしておりモメンタムが改善しました。テクニカル的にはまだ弱気を示唆するインジケーターが多い状況です。ビットコインは本日、すでに昨日の高値を更新しており買われて相場が始まっています。売り疲れが見られ今後の値動きに注目です。トレンドの変化を確認するには、価格が移動平均線が推移する482万円を回復できるかがポイントと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました