ビットコイン相場分析 : 価格は移動平均線を回復し相場のトレンドに変化あり | ビットバンク マーケット情報

9月30日のビットコインの日足終値は短期移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれを否定しています。昨日のビットコインは4.8%上昇し2日連続の陽線を記録しました。移動平均線を上回る強いプライスアクションが見られました。終値は488.1万円でした。オシレーターは短期で反転の兆しが見られます。CCIは-32まで回復。Fisherはマイナス域で上昇中です。MACDは遅行線との距離が縮まっています。ADX(28)は下落しており弱気トレンドの勢いが落ちていることを示唆しています。ビットコインは今週の高値を更新し買われる傾向が強くなっています。移動平均線を上回ったことでテクニカルが改善しました。オシレーターも短期で上昇しテクニカルが上向き始めています。MACDもゴールデンクロス間近になっており、弱気トレンド相場に変化があります。ビットコイン相場は昨日の上昇によりトレンドが弱気から中立に以降しつつあります。短期では強い方向感はなく様子見が必要です。週末も価格が移動平均線の上位を維持しオシレーターがプラス域を回復するなら来週以降、もう一段の上昇が期待され

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました