2021年10月02日 初級セミナー(動画)久々のお勧め通貨と中国ショック!

■中国リスクによる資金の流れ中国が規制強化を打ち出して以来の数日間は、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性資産)市場で最も普及するデジタルウォレットの「MetaMask」や分散型デリバティブプロトコル「dYdX」のユーザー数急増が観測された。暗号資産(仮想通貨)市場において、特に”非中央集権性”の強いDeFi市場に注目が集まり、保有資産の分散、及びリスクヘッジを兼ねた中国投資家の資金移動を示唆している。暗号資産(仮想通貨)投資家は、中国が暗号資産を全面禁止したことは、ピア・ツー・ピア(P2P)の直接取引を行うDeFi(分散型取引所)にとっては、結果的に好都合になると考えているようだ。週末の市場の動きがそれを証明している。CoinDesk 20のデータによると、分散型取引所(DEX)の代表例とも言えるユニスワップ(Uniswap)とスシスワップ(SushiSwap)のネイティブトークンは24時間でそれぞれ22%、18%上昇し、ビットコインの上昇を大きく上回った。一方、中央集権型取引所のトークンは下落した。「分散型への大転換が起きている。すべては中国の直近の、そして間違いなく最も厳しい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました