日本の国税当局が仮想通貨取引を大規模調査 14億円の申告漏れが判明=報道

関東信越で大規模な税務調査日本の国税当局は2020年から21年頃にかけて、暗号資産(仮想通貨)に対する大規模な税務調査を行っていたことが分かった。日本経済新聞が報道した。調査は埼玉県、群馬県、新潟県その他に住む者を対象に、2020年から2021年にかけて関東信越国税局が実施。特に、仮想通貨エイダ(ADA)の取引について調査が行われた模様で、調査の結果、このうち数十人で総額約14億円の申告漏れが見つかり、追徴税額は合計で約6億7,000万円にのぼった。エイダ(ADA)取引が焦点に元国税局職員で、仮想通貨税務...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました