ビットコイン相場分析 : 押し目買いが入り連続陽線を記録、強い相場戻る | ビットバンク マーケット情報

10月4日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは2.1%上昇し2日連続の陽線を記録しました。一時522万円まで下落する場面がありましたが終値にかけて買い戻されました。終値は546.2万円でした。オシレーターは上昇傾向にあります。CCIは102の高水準で推移。FisherとMACDでは買いシグナルが出ています。ADX(24)は相場の方向感が弱いことを示唆しています。今週のビットコインは底堅い値動きで取引が始まりました。下落したポイントでしっかり押し目買いも入り、強いプライスアクションが見られました。オシレーターは引き続き強気のモメンタムを示しています。長短期のオシレーターが上昇しておりテクニカル的には買いポジションが推奨されています。昨日は日足が雲を抜けてきており強気を示唆するインジケーターがさらに増えています。値動きも良く強い相場が戻ってきています。今後も高値を追う展開が予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
Source: ビットコインニ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました