シンガポール、2社に仮想通貨関連ライセンスを付与

2社が決済サービス法ライセンス取得シンガポール大手銀行DBS傘下の証券会社DBS Vickersおよびオーストリア発の仮想通貨取引所Independent Reserveは1日、シンガポールの金融庁(MAS)から、決済サービス法における「主要決済機関」のライセンスを取得したことを発表した。仮想通貨取引所などの関連事業者はシンガポールで運営するにあたり、「決済サービス法」に準拠し、運営ライセンスを申請する必要がある。米コインベースやGemini、バイナンスなどの大手業者も申請中であり、MASは9月に初めて、FOMO Payという仮想通貨関連のフィンテック企業にライセンスを付与した。今回ライセンスを正式に取得したDBS VickersとIndependent Reserveは8月にMASから、「原則として営業を認可する」とされている。DBS VickersはDBS銀行傘下の証券会社で、ライセンスをもって、DBS銀が運営している機関投資家向けの仮想通貨取引所「DDEx」に関連する資産運用サービスを証券口座を通じて顧客に提供することが可能になる。DBS銀が昨年12月にローンチしたDDExは、ビ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました