ビットコイン5万ドル台回復 米デフォルト回避の可能性に安堵? | ビットバンク マーケット情報

5日のビットコイン(BTC)対円相場は、269,233円(4.93%)高の5,731,383円と3日続伸し、対ドルでは節目の50,000ドル(≒557万円)をおよそ1ヶ月ぶりに回復した。東京時間のこの日のBTCは、ハッシュレートの堅調な推移にさあえられ小幅に上昇すると、終盤には国内で新規上場したシンボル(XYM)の相場上昇もあり560万円にタッチした。米時間には、対ドルで3月24日安値の50,300ドルとなる同水準(560万円)を背に揉み合いとなるも、USバンクのファンドマネジャー向けBTCカストディサービスの発表や、ムーディーズが、米連邦政府がデフォルトを回避しAaaの格付けを維持するとの見通しを発表し、本日未明からの相場はもう一段高を演じ9月高値の580.6万円に迫った。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました