頭角表す米ビットコイン採掘情勢、イーサリアムのバーン総量50万ETH突破

10月の仮想通貨動向10月第1週の暗号資産(仮想通貨)市場。株式市場が乱高下するなか、ビットコイン(BTC)はおよそ5ヶ月ぶりに55,000ドル(600万円)台を回復するなど上昇基調を継続した。母数が少ないので参考程度にはなるが、過去の季節性アノマリーでは、例年「米国の4Q(第4四半期)」相場は上昇傾向にある。材料視されたニュースでは、世界三大投資家ジョージ・ソロス氏のヘッジファンドの仮想通貨保有が明らかになったほか、米国初となる「ビットコインETF(上場投資信託)」承認に関する思惑も買いの手掛かりとなっ...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました